MENU

美白サプリメントとは?

 

シミの種類と原因

 

シミと一口に言っても様々な種類があります。どれもメラニン色素の沈着が主要因とはなっていますが、それが発生する原因はそれぞれ違います。そしてシミ対策は解消と予防をセットで行う必要があるため、自分のシミに合致した美白化粧品を選ばないと効果が薄いのです。そこでまずは、シミの種類について知り自分のシミはどれなのかをきちんと把握することから始めるのが大事です。

 

一般的に老いの影響として発生するシミは老人性色素斑と呼ばれるものです。その名の通り加齢の影響で発生するもので、とはいえ外的要因によって発生するシミです。紫外線を長期間浴び続けたり、髪の毛とこすれて刺激され続けたりなどの影響が積み重なり、肌細胞が反射的にメラニン色素の生成量を増やすことで発生します。発生が緩やかであるため解消にも時間がかかりますが、薄くすることも予防することも十分可能なシミです。薄く出来るシミは飲み薬でも対処できます。参考:シミ消し飲み薬

 

肝斑は女性になじみの多いシミです。肝斑の発生機序は完全に解明されているわけではありませんが、女性ホルモンバランスに大きな影響を受けて発生することはわかっています。特に生理不順の方やホルモンバランスを変動させる避妊薬・ホルモン剤などを使っている方は肝斑が発生しやすく、肝斑の美白化粧品による反応自体は悪くありませんが、原因である女性ホルモンバランスの安定化も同時に行わないとなりません。

 

ニキビ跡の色素沈着もメジャーなもので、これは炎症後色素沈着と名前がついています。ニキビは特に炎症を伴う赤ニキビまで行ってしまうと、肌の奥で広範囲にわたり大きなダメージを及ぼすため、肌が防衛反応としてメラニン色素を大量に分泌します。単純にメラニン色素の量が多いため消えるまでに時間がかかりますが、対処自体は可能です。とはいえニキビの予防に注力した方がいいことは言うまでもありません。

 

美白のためにたばこは絶対禁止

 

健康を害する大きなリスク源として忌み嫌われるたばこ。たばこの毒性は様々なものがありますが、特に血管を収縮させることによる各種影響が取りざたされることが多いです。不摂生で血液がどろどろの人がさらにたばこを吸うと、ニコチンなどの影響で血管が収縮し、心筋梗塞など血管が詰まることによる重大な疾患を引き起こしやすくなります。そしてこのことは美容にも大きな影響を与えるため、美肌を保ちたい方はたばこは絶対にやめるべきです。

 

お肌の健康は、血液を介して酸素や水分が十分に供給されることで維持されます。たばこの影響だけでなく、体をあまり動かさず同じ姿勢を維持し続けるようなデスクワークの方はお肌への栄養補給が不十分となりがちで、肌トラブルが起きやすいのです。喫煙者は言うに及ばず、長時間血行不良の状態が続くため、お肌の細胞のターンオーバーは常にかなり遅れている状態となり、シミやくすみのできるリスクが非常に高いといえます。

 

また、たばこが大量に消費するビタミンCの影響も見逃せません。たばこの毒素は体内で大量のビタミンCを消費してしまいます。ビタミンCはとても多機能な栄養素ゆえ、ただでさえストレスや活性酸素などの要因で消費され不足しがちです。さらには体内残留時間もとても短く、さほど消費しなくても2時間もしないうちに血中濃度が半減してしまいます。その上さらにたばこの毒素でビタミンCを常に大量消費してしまうとなれば、その影響は計り知れません。

 

元々健康上のリスクだけをもってたばこは一切やめるべきですが、美容上の問題もあまりに大きいものですから、美白を考える喫煙者の方はこれを機に禁煙することを強くおすすめします。

更新履歴